平安仕上

師走に入り一気に冷え込んできた京都ですが

北山都乾園の資材置場は来る年の備えをして注目アイテムをあたためています
e0126541_15592777.jpg

原石に入っていたキズなどにより損傷してしまった板石や葛石の利用法として、全ての表面の粗い部分や角を滑らかにする加工を施して古材に見立てた【平安仕上】と称する材料がありますが、古材の代用としても使えるものだと思います
e0126541_15593063.jpg


e0126541_15593226.jpg

[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-12-11 15:56 | Comments(0)

入荷情報

朝晩は冷え込む季節になってきましたが

おでんに合うのが辛子なら
さざれ石には苔が似合う
e0126541_17254166.jpg

100kg程度の物から3トン級までチャート系の山石が絶賛入荷しております!!
e0126541_17260004.jpg


[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-11-09 17:24 | Comments(0)

水もしたたる…

雨の京都です
e0126541_14013027.jpg

先日までに資材置場の目立ちそうなスペースに製作した手水鉢や水盤を据えていたので

濡れて見栄えの良くなっているところを撮ってみました

   鳥海石
e0126541_14013389.jpg


e0126541_14013540.jpg


  丹波石
e0126541_14013840.jpg


例えて、水もしたたるいい女

[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-10-07 13:18 | Comments(0)

創作舟鉢

先日、夏の終わりにお洒落で居心地の良いレストランのイベントで流しそうめんをよばれました
e0126541_21013364.jpg

流れるプールの様にグルグル回っている「そうめん流し」と同じく発祥は九州地方で馴染みは薄く、この歳になって初体験でしたが予想を上回る楽しさの薬味が加わって美味しく日本の夏を満喫出来ました

そして割り出された手作りの竹組と水の流れを見て、近頃取り掛かっていた水盤の創作意欲まで駆り立てられる刺激を得ることに…

そんなこんなで丹波鞍馬石(京都府)を用いて手間暇掛けた作品がこちら

before
e0126541_21052964.jpg


e0126541_21053116.jpg


e0126541_21053474.jpg

after
e0126541_21053601.jpg


e0126541_21053905.jpg


e0126541_21054243.jpg

[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-09-05 20:52 | Comments(0)

硯の手水鉢

連日続く暑さで日中は汗をしこたまかくので夜は家でひっくり返っていることが多いのですが...

たまに趣味の繋がりでライブハウスなどへ出向いて刺激を受け、仕事へも活かせるように連想することを養んだりもしています。
e0126541_16474946.jpg

写真は最近お気に入りのユニット「月いろかげ」

ちょうど現在とりかかっているのが何かを発想するにはもってこいの代物で、石碑の基礎石として使われていた白川石(京都市左京区)を再利用するべく大ぶりな手水鉢へと変化させて製作していました。
e0126541_16475323.jpg

高さ五尺ほどの石碑を抜き出すと左右斜めに高低差のある長方形の堀り込みで埋め込まれていたので、その跡を利用し大小ふたつの四角い形に段差を設けて硯(すずり)を連想する作りにしました。
e0126541_16475770.jpg

風化に伴って朽ちた部分は、さびれば馴染んで良い雰囲気に変わることを期待せずにはいられません。
e0126541_16480107.jpg

[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-08-05 16:31 | Comments(0)