石碑「絆」

きつい雨が降ったかと思えば5分、10分で止み
暑さが蒸し返す都乾園界隈です

少し前に南蛮鉄灯篭について投稿しましたが
昨日の新聞紙面に載っていた寂光院の写真に写り込んでいました
e0126541_14465915.jpg

晩夏から初秋へと季節の移ろいにはピンク色の秋海棠(しゅうかいどう)が咲き、訪れる人を和ますようです

e0126541_14480961.jpg

写真は1~2年ほど前に製作した石碑「絆」ですが
少しさびて彫り込んだ文字がより分かるようになってきました

[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-08-31 14:42 | Comments(0)

創作灯篭

相変わらず石に水をうっても蒸発する猛暑日の京都です

焼け石に水 と言うことわざがありますが、最近まで無駄の例えだと解釈してました…
効果がないことを表現したもので無駄とまではいかない。

さて、前回の投稿にあった
「取り壊されて見ることが出来ない」
に関して早速、貴重な資料を頂戴しました!!
e0126541_17225906.jpg

e0126541_17243753.png

そうです、これがイタリアンレストランだった建造物で右下に写っているのが正しくそれです!
三尺五寸くらいありそうですね…

e0126541_17275695.jpg

↑写真は弊社在庫の創作灯篭ですが寸松庵と同じく火袋と笠のみで構成されてあるもので、十年以上前にデザインして製作された灯篭ですが、自らデザインした石造品の中では人気のあるもので残り僅かです。


[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-08-30 17:22 | Comments(0)

寸松庵灯篭

まとまった雨が降らずに資材置場の井戸水も渇れがちな竜安寺界隈です
e0126541_17472863.jpg

写真の寸松庵灯篭(京都市仁和寺 飛濤亭)写しは台石に組み込まれた形にして笠幅一尺五寸と本歌に比べやや大きめ、そしてこの台になっているのは数年前に雪見灯篭の中台を使って製作したものです
e0126541_17474729.jpg

台石の天端から少し内側を一段平らに落としたところに灯篭を据えてありますが、この灯篭は火袋と笠のみで構成されており
火袋の下には浮かす為の小さく短い足があるので、それを利用したデザインにしました
(台石の中心には配線や水抜きに小さく穴を貫いてあります)
e0126541_17481507.jpg

個人的には好みのスタイルで
笠幅が三尺はあろうかと言う大きなサイズの似たスタイルを持つ創作灯篭が据えられていたレストランがありましたが、現在は取り壊されて見ることが出来ません。

写真でも撮っておけばよかったと、この灯篭を見る度に思い出します…


[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-08-29 17:47 | Comments(0)

ロックバランシング

真夏に逆戻りの京都です
e0126541_15475359.jpg

先日、夕刊で見かけたので

物は試しに…
e0126541_15484776.jpg

まあまあ難しいロックバランシング

上から吉野石、十津川石、チャート…

3㌧超えの守山石も据えた手間を考え四つ!!
e0126541_15495786.jpg

限界です。

[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-08-25 15:46 | Comments(0)

鉄製雪見灯籠






e0126541_15022168.jpg
厄介な台風が過ぎ去りましたが不安定な気候の京都です

大型の鉄製灯籠の笠が吹っ飛んでいることはありませんでした…
e0126541_15043526.jpg

この南蛮鉄製らしき雪見灯籠は江戸時代以降に芸術家、文人、墨客、宮家の財界人、外国の要人らが集うところを見てきたとされますが、資料も少なく資材置場に存在する商材です。

鉄製灯籠のルーツを探っていくと宝珠や笠の造りが類似している物があり、その時代背景などが浮かび上がってきました。
e0126541_15050871.png

これは平家物語ゆかりの寺として知られる寂光院(京都市左京区)の本堂手前にある南蛮鉄の雪見灯籠で豊臣秀吉の寄進で桃山城から移したものとあります。 

また、南蛮鉄とは桃山時代から江戸時代初期にかけて輸入された原料鉄
形状は種々であるがひょうたん形の物が多いので、ひょうたん鉄とも呼ばれ舶来品として珍重されたようです

なかなか浪漫を駆り立てられるような南蛮鉄雪見灯籠です
e0126541_15061927.jpg


[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-08-24 15:01 | Comments(0)