人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

さびた灯篭

久しぶりに雨降りの京都です
e0126541_14333432.jpg

こんな日は石も雨にうたれて見栄え(他の物と比較して優れている)しますが、今回のテーマは見映え(他とは関係なく純粋に美しい物)
e0126541_14342546.jpg

写真のように真新しい石造品(閂織部灯籠)を資材置場に据え、雨風にさらして数年も経てば石の表面も苔むしてきたころを「さびてきた」と表現します。

この「さびる」は金属の表面が錆びて腐食する様を例えたものではなく、日本の美意識のひとつである質素で静かなるものを指す「侘」わび「 寂」さびの寂を表現しています。
e0126541_14373470.jpg

写真は資材置場に数ある灯籠の中でもレアな滝見灯籠(修学院離宮)

寂(さび、寂び、然びとも)は、閑寂さのなかに奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさを言い、本来は時間の経過によって劣化した様子を意味しています。
e0126541_14380541.jpg

これまたレア物の弧篷庵灯籠(京都市大徳寺)

「さび」とは、老いて枯れたものと豊かで華麗なものという相反する要素が一つの世界のなかで互いに引き合い、作用しあってその世界を活性化し、動いてやまない心の働きから生ずる二重構造体の美とされます。

このような意味合いを含めて、庭園資材として使うにはもってこいの雰囲気が出ていることを

「よぉ さびてるな!!」

と例えて使います

英語ではpatina(緑青)の美が類似のものとして挙げられ、緑青などが醸し出す雰囲気についてもpatinaと表現。



by tokan-en-bando | 2019-01-31 14:29 | Comments(0)

平成31年 賀正

新年明けましておめでとうございます
e0126541_10075337.jpg


年男ですが門松は立てておりませんので

節分には張り切って豆まきしたいと思います

どうぞ本年もよろしくお願い致します

e0126541_10101540.jpg


写真は石川県能登式で柔らかくしたおもちにお出汁をかけ、奥能登の岩海苔を乗せた「おぞうに」

by tokan-en-bando | 2019-01-02 10:06 | Comments(0)