人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 403 )

ロックバランシング

真夏に逆戻りの京都です
e0126541_15475359.jpg

先日、夕刊で見かけたので

物は試しに…
e0126541_15484776.jpg

まあまあ難しいロックバランシング

上から吉野石、十津川石、チャート…

3㌧超えの守山石も据えた手間を考え四つ!!
e0126541_15495786.jpg

限界です。

by tokan-en-bando | 2018-08-25 15:46 | Comments(0)

鉄製雪見灯籠






e0126541_15022168.jpg
厄介な台風が過ぎ去りましたが不安定な気候の京都です

大型の鉄製灯籠の笠が吹っ飛んでいることはありませんでした…
e0126541_15043526.jpg

この南蛮鉄製らしき雪見灯籠は江戸時代以降に芸術家、文人、墨客、宮家の財界人、外国の要人らが集うところを見てきたとされますが、資料も少なく資材置場に存在する商材です。

鉄製灯籠のルーツを探っていくと宝珠や笠の造りが類似している物があり、その時代背景などが浮かび上がってきました。
e0126541_15050871.png

これは平家物語ゆかりの寺として知られる寂光院(京都市左京区)の本堂手前にある南蛮鉄の雪見灯籠で豊臣秀吉の寄進で桃山城から移したものとあります。 

また、南蛮鉄とは桃山時代から江戸時代初期にかけて輸入された原料鉄
形状は種々であるがひょうたん形の物が多いので、ひょうたん鉄とも呼ばれ舶来品として珍重されたようです

なかなか浪漫を駆り立てられるような南蛮鉄雪見灯籠です
e0126541_15061927.jpg


by tokan-en-bando | 2018-08-24 15:01 | Comments(0)

石臼あれこれ

e0126541_13154614.jpg

真夏に逆戻りしたかと思えば大型台風の接近で蒸し暑い京都です
風も荒れて蝶々も大変

e0126541_13163672.jpg

写真は先日入荷のあった石臼あれこれ…
↑ 上、 転石ローラー
 →右、ロータリーカーン(挽き臼)
↓ 下、 碾子(牛が引くような石臼ローラー)で、面白いのが中心の軸穴以外にも不規則に削り込まれた跡が数ヶ所あります

これは古材で見掛けることのある鳥黐を作った形跡ですが、本来の役目を終え、違う用途にも利用した石造物。
さらに現代へ庭園資材や他の用途に再利用出来る可能性を秘めた趣のある代物です!

鳥黐(とりもち)は、鳥や昆虫を捕まえるのに使う粘着性の物質で古くから洋の東西を問わず植物の樹皮や果実などを原料に作られるもの。
日本においても鳥黐は古くから使われており、もともと日本語で「もち」という言葉は鳥黐のことを指していましたが、派生した用法である食品の餅の方が主流になってからは鳥取黐または鳥黐と呼ばれるようになったといわれています。 

by tokan-en-bando | 2018-08-23 13:11 | Comments(0)

お笑い芸人さん

昨日、職場で共に働く仲間のお兄さんが来社されましたが
彼(写真 右)は浅井企画のお笑いコンビ、ゴールドジョージの「なめ」さんです!
e0126541_14252723.png

この日はなんと同じ事務所の流れ星、ちゅうえいさんも御同行でしたがとても気さくな方でした(⌒‐⌒)b

大阪で単独公演をされていたそうですが、資材置場へもご案内して興味を持って頂けたようです!
e0126541_14261522.jpg

それにしてもまた暑さがぶり返してきた京都…

e0126541_14262915.jpg


by tokan-en-bando | 2018-08-21 14:24 | Comments(0)

石臼

朝晩は幾分過ごしやすくなった京都ですが、日中はまだまだ汗ばむ陽気です
e0126541_15140442.jpg

写真の碾磑は直径4尺ある大きめの古材
使い方はアイデア次第です!
e0126541_15142876.jpg

碾磑(てんがい)とは石臼のことで碾,磑ともに物と物とをすり合わせ脱穀,製粉に使用されます
また水力によって動かされるので水碾,水磑ともいわれるもので、中国では古く漢代からあったとされます。

by tokan-en-bando | 2018-08-20 15:13 | Comments(0)

新着古材

e0126541_15130751.jpg

ようやく酷暑も一段落した京都です

お盆の連休明けにドドンと入荷している古材の中に
ひとつ目の惹かれる物がありました
e0126541_15132364.jpg


堀り込まれた穴の形状からつき臼であると考えられますが
一部朽ちてはいるものの、そこまでもがよく撫でて風化し
とても古びた雰囲気が出ている石造品です。
e0126541_15142212.jpg

この風合いはデザインして加工しても中々上手く仕上がる物ではありません。

古材と言えば風化して、さびた(古びた)雰囲気が持ち味ですが
お金を出しても作れる物ではないところにも古材の魅力があります。

つき臼とは、碓(たい)唐臼(からうす)踏み臼(ふみうす)など中国では発達したもので、てこの原理を利用し
足で踏んで杵(きね)を動かすことにより精米や製粉、餅つきを行う足踏み式の臼
有史以前に日本にも伝来し、近年まで使われていたもので東南アジア等にも広く普及し使われています。

by tokan-en-bando | 2018-08-18 15:12 | Comments(0)

塔心礎 其の弐

立秋を過ぎて秋の気配は何処へやら…
なんのことない暑いもんはアツい京都から
残暑お見舞い申し上げます

連日あれこれ製作していたのもひと区切り、お盆休みに照準を合わせたかのようですが
今回仕上がったのは連日のブログ投稿で関連性のある塔心礎の形をしたもので、原石に合わせ縮小して製作しました

原石は資材置場に貰い手がつかずにさびていた瀬戸内の花崗岩

before
e0126541_11364693.jpg


after
e0126541_11371184.jpg

e0126541_11380786.jpg

モチーフにしたのは天王平廃寺の礎石(島根県大田市)
e0126541_11373943.png

私が製作した円の直径は一尺三寸ほどですが、実物は三尺あり中心にある四角い穴は「仏舎利」を納めるために設けられた「舎利孔」と呼ばれるものです

舎利孔が二段になっていますが、これは先ず下の方に「仏舎利」を納めた後、それに蓋をするために上の一段が作られました

しかし、舎利孔というのは丸い形をしているものが多く、このような方形の舎利孔を持つ塔心礎は珍しいものです

昭和44年に国道9号線のバイパスを建設中に発見されたもので、奈良時代ここに寺院が建てられていたことはそれまで知られておらず文献などの記録にも残っていないようです。
京都から続く道のりを走らせていれば出会えるかも知れませんね…

尚、㈱北山都乾園は明日11日より16日までお盆休みとなります
何とぞ宜しくお願い申し上げます
e0126541_11384767.jpg


by tokan-en-bando | 2018-08-10 11:35 | Comments(0)

塔心礎型手水鉢

立秋を迎えて激しい暑さがようやく、一旦?引いた気温になりました

暦の上では秋が始まるとされる時期ですが、暑さはますます厳しくなって…というフレーズをよく耳にします。

とは言え、空を見上げると夏の代名詞である入道雲ではなく、秋の空に多く見掛けるいわし雲やうろこ雲が見られるようになるのでしょう。
e0126541_10084657.jpg

先日のブログで↑上 写真の本御影石製の塔心礎型手水鉢を挙げましたが、塔心礎とは文字通り寺院に建てられる塔の心柱を受けるための礎石で
す。

以前にこの橘寺の塔心礎の形を縮小し、模作した見立てもんの手水鉢があります
e0126541_10092133.jpg

これは割出された原石の姿が格好良く、彫刻も見事な代物で丁寧に製作しました。
e0126541_10094736.jpg



by tokan-en-bando | 2018-08-09 10:07 | Comments(0)

本御影手水鉢 其の弐

日本各地で危険な気温が続いていますが

ブログの内容も本御影石のあれこれが続きます!
自身にとってこの石の持つ質感や淡い桜色は好みでなので、どちらもアツさの連続!!
e0126541_08482037.jpg

今回は前作と同時期に紛れ込んでいた灯篭の一部(基礎)がまだ残されていたので勢いにのって製作しました☆
e0126541_08491294.jpg


e0126541_08503449.jpg

とてもシンプルな造りの代物ですが、その分むくりのラインが際立って見えるので
本来持っている原石の魅力を手水鉢の姿に変えても存分に感じられるものになっています。

e0126541_08514284.jpg

↑上 写真は今年新たに製作された本御影石製の奈良県橘寺塔心礎を型どった手水鉢ですが、資材置場に寝かせて雰囲気の出る「さび」を期待しているところです。

by tokan-en-bando | 2018-08-08 08:46 | Comments(0)

本御影手水鉢

連日の猛暑で作業は難航しますが

ひとつ仕上げることが出来ました
e0126541_09330826.jpg

表面の肌の状態を見ると、そこそこ古い物であることが分かりますが
e0126541_09332871.jpg

内部はそれこそ本御影石で淡い桜色がとても美しく見えます

e0126541_09335704.jpg

↑上 写真は弊社資材置場
残された貴重な本御影石の原石から造られた舟着灯篭写し(京都市城南宮、楽水苑)


by tokan-en-bando | 2018-08-03 09:32 | Comments(0)