カテゴリ:未分類( 388 )

☆NEWラインナップ☆

もう二月もしまいですが、今年は厳しい底冷えの少ない京都です

慌ただしくなる春に向けて資材を取り揃える準備をしていますが
先日、白御影石のノミ切り仕上げ各種入荷に伴い
新しい規格の資材が加わりました!
e0126541_15554608.jpg

小さなスペースで必要な段差に対応できる代物で沓脱石や階段石にも、その他の用途でも使い勝手の良いサイズは三種類
幅が一尺一寸(330㎜)で高さが七寸(210㎜)と揃え
長さが二尺(600㎜) 二尺五寸(750㎜) 三尺(900㎜)のラインナップです
e0126541_15571790.jpg

一口にノミ切り仕上げと言っても、粗く仕上がって来た時もあれば細かい物もあります
e0126541_15574112.jpg

何度も製作側と試作を繰り返し、上質な仕上がりとなったこだわりの北山都乾園クオリティーになっております。
e0126541_15575683.jpg

#kitayama 
#kitayamatokanen 
#tokanen 
#kyoto 
#japan 
#stonelantern 
#stoneproducts 
#北山都乾園 
#都乾園 



by tokan-en-bando | 2019-02-28 15:52 | Comments(0)

さびた灯篭

久しぶりに雨降りの京都です
e0126541_14333432.jpg

こんな日は石も雨にうたれて見栄え(他の物と比較して優れている)しますが、今回のテーマは見映え(他とは関係なく純粋に美しい物)
e0126541_14342546.jpg

写真のように真新しい石造品(閂織部灯籠)を資材置場に据え、雨風にさらして数年も経てば石の表面も苔むしてきたころを「さびてきた」と表現します。

この「さびる」は金属の表面が錆びて腐食する様を例えたものではなく、日本の美意識のひとつである質素で静かなるものを指す「侘」わび「 寂」さびの寂を表現しています。
e0126541_14373470.jpg

写真は資材置場に数ある灯籠の中でもレアな滝見灯籠(修学院離宮)

寂(さび、寂び、然びとも)は、閑寂さのなかに奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさを言い、本来は時間の経過によって劣化した様子を意味しています。
e0126541_14380541.jpg

これまたレア物の弧篷庵灯籠(京都市大徳寺)

「さび」とは、老いて枯れたものと豊かで華麗なものという相反する要素が一つの世界のなかで互いに引き合い、作用しあってその世界を活性化し、動いてやまない心の働きから生ずる二重構造体の美とされます。

このような意味合いを含めて、庭園資材として使うにはもってこいの雰囲気が出ていることを

「よぉ さびてるな!!」

と例えて使います

英語ではpatina(緑青)の美が類似のものとして挙げられ、緑青などが醸し出す雰囲気についてもpatinaと表現。



by tokan-en-bando | 2019-01-31 14:29 | Comments(0)

平成31年 賀正

新年明けましておめでとうございます
e0126541_10075337.jpg


年男ですが門松は立てておりませんので

節分には張り切って豆まきしたいと思います

どうぞ本年もよろしくお願い致します

e0126541_10101540.jpg


写真は石川県能登式で柔らかくしたおもちにお出汁をかけ、奥能登の岩海苔を乗せた「おぞうに」

by tokan-en-bando | 2019-01-02 10:06 | Comments(0)

創作舟鉢

e0126541_09381819.jpg

朝晩は冷え込むようになってきた京都です
写真は衣笠山

本日午前を持ちまして今年の営業は終了となります
年内にと、御注文を頂いておりました創作八尺舟鉢の製作を仕上げることが出来ました

弊社の古材にデザインを考えて頂き、イメージを打ち合わせ
e0126541_10025346.jpg

造りは任せてもらうことになり、打ち込むことが出来ました
e0126541_10032821.jpg

e0126541_10051648.jpg

ご依頼の業者様には、イメージ通りに仕上がっていると確認して頂くことも出来ました
写真の投稿も許可を頂き誠にありがとうございます!!
e0126541_10055229.jpg

思い起こせば今年の製作は既に売約済みとなった長尺物に始まり長尺物で終わることになりました

迎える新しい元号になる年も勤しみたいと思います
何卒よろしくお願い致します



by tokan-en-bando | 2018-12-28 09:29 | Comments(0)

京都観光

e0126541_15300968.jpg

昨日、勤労出来ることを感謝する祝日に左京区は大原の寂光院を訪れました
e0126541_15311058.jpg

e0126541_15311185.jpg

以前に投稿した鉄製灯籠の記事の中で寂光院の灯籠を取りあげたこともあり👉過去の投稿がコチラ

この機会を使いワクワクした気持ちで実物を拝見しました
e0126541_15315642.jpg

思っていたよりは大きな代物で、笠の直径は三尺ちょっとありそうです
e0126541_15322741.jpg

e0126541_15322750.jpg

南蛮鉄は当時舶来品として扱われており、鉄そのものは良質ではなかったとされますが
状態も良く、周りの雰囲気にとても馴染んでいました
e0126541_15332304.jpg

e0126541_15332452.jpg




e0126541_15333506.jpg

写真は弊社資材置場の灯籠ですが、同じような丸型のタイプで名は「きぬかけ」と言います。
これは20年ほど前にデザインした灯籠ですが、笠の形はお隣の衣笠山を見立てたものです。
e0126541_19245041.jpg

by tokan-en-bando | 2018-11-24 15:20 | Comments(0)

日本最大の石塔

先日、数少ない?土曜の祝日(明治天皇誕生日)を利用して、日本では最大となる石塔(十三重 高さ15.2m)の重要文化財を拝見しに宇治の浮島(塔の島)を訪れました
e0126541_15303027.jpg


観光シーズンに入り周辺は混雑していましたが隣接する平等院が有名なこともあり、さほどごったがえすこともなくゆっくり観察することが出来ました
e0126541_15314561.jpg


ご当地では何やらスタンプラリーの催しがあり、どうやら最終地点だったので皆さんそれどころでは無かった様子
e0126541_15323535.jpg


天候にも恵まれ離れたところから景色を含んだ姿と、間近で見上げても15mを超える塔の持つ雰囲気とバランスがとても良かったのが印象に残りますが、柵も無く迫力を感じられ見応えある代物でした。

e0126541_15334265.jpg

写真は弊社資材置場の十三重塔(十尺)ですが、よぉさびてます。



by tokan-en-bando | 2018-11-05 15:29 | Comments(0)

見立てもん

e0126541_13581688.jpg

少し前に手を加えて製作した水盤へのお問い合わせがあり、雨上がりの資材置場へ向かうと雨水に打たれた石材がとても良く見えました

e0126541_13585255.jpg

e0126541_13585283.jpg

写真はどちらも数年前に石塔の一部を使って手水鉢にした白川石の見立てもんですが
よぉさびて良い雰囲気になってます!



by tokan-en-bando | 2018-10-20 13:57 | Comments(0)

二重升の水盤

このところ週末から日曜にかけてバッタバタと台風に振り回されている京都

いや、関西

いやいや、日本列島
e0126541_15025969.jpg

雨の日はホコリや騒音も目立ちにくいので製作も集中しやすいものです
e0126541_15051724.jpg

今回は前作と同じような形で二槽目がひし形の水盤を製作しました
灯篭の中台を用いた物で、厚みがない分、面積は広いので浅く広く仕上げてます。
e0126541_15055095.jpg

e0126541_15085303.jpg

連続してひし形を製作している最中に見掛けたSNSで菱の葉の写真を拝見し、以前にひし形の語源を調べたときに菱の葉の形の説もありました
e0126541_15063656.jpg

確かに拉(ひし)げた四角形がひしゃげ過ぎてなければそう見えるなと…
菱の実の形と言う説はどうかと私は感じました。

そう言えば先週の台風チャーミーが上陸した時に食べた昼食がチャーミングチャーハンで、せっかくのネタ写真を撮り損ねガッカリしていたのですが…
 
チャーミーの由来はベトナム語で「花の名前」
考えれば台風がチャーミングなのは困りますね。
e0126541_15092742.jpg


by tokan-en-bando | 2018-10-06 15:02 | Comments(0)

創作の秋

e0126541_13332281.jpg

晴れた日は汗ばむ陽気ですが過ごしやすい季節になってきた京都です

e0126541_13335984.jpg

写真は弊社取り扱い、二重枡の手水鉢

本歌は京都桂離宮 御成門内腰掛待合の脇に据えられた手水鉢で、枡形の鉢に水孔を対角に同上の枡型を打ったものです

枡に枡が重なり二重枡、更に枡枡と益々を掛ける事で縁起のいい手水鉢とも云われています。

今作はこの形をモチーフにして創作の秋らしく、灯篭の基礎であった長方形の石造品を用いて製作してみました!
e0126541_13384049.jpg


e0126541_13385432.jpg

長方形の中に、ひし形(向かい合った二つの辺が平行で、すべての辺の長さが等しい四角形)を墨うつのは容易でした
e0126541_13394410.jpg

枡(ます)は体積を計量するための測定器ですが
 主として尺貫法の単位である「合」「升」「斗」を量るために利用されます

そして 「枡」は祝枡など日本酒を飲むための「酒枡」や節分用の豆を入れるための「節分枡」など計量を目的としない四角形の容器を指すこともあります。


e0126541_13413605.jpg


e0126541_13420660.jpg


by tokan-en-bando | 2018-09-27 13:32 | Comments(0)

皿鉢

e0126541_20403789.jpg

このところ、ぐずついた天気の続く京都ですが
真夏日の気温に比べれば過ごしやすくなり、創作意欲も湧くものです!

と言うわけで…
e0126541_20423361.jpg

何か盛り付けしたくなるような水盤を製作してみました(幅三尺五寸)
e0126541_20440730.jpg


今回モチーフにしたのは自宅で使っているお気に入りのお皿です!
e0126541_20431560.jpg

エッジの効いた端と器の反り具合、椀になる部分を削るイメージで出来るだけ線を出さないように仕上げました

e0126541_20445532.jpg




by tokan-en-bando | 2018-09-17 20:39 | Comments(0)