二重升の水盤

このところ週末から日曜にかけてバッタバタと台風に振り回されている京都

いや、関西

いやいや、日本列島
e0126541_15025969.jpg

雨の日はホコリや騒音も目立ちにくいので製作も集中しやすいものです
e0126541_15051724.jpg

今回は前作と同じような形で二槽目がひし形の水盤を製作しました
灯篭の中台を用いた物で、厚みがない分、面積は広いので浅く広く仕上げてます。
e0126541_15055095.jpg

e0126541_15085303.jpg

連続してひし形を製作している最中に見掛けたSNSで菱の葉の写真を拝見し、以前にひし形の語源を調べたときに菱の葉の形の説もありました
e0126541_15063656.jpg

確かに拉(ひし)げた四角形がひしゃげ過ぎてなければそう見えるなと…
菱の実の形と言う説はどうかと私は感じました。

そう言えば先週の台風チャーミーが上陸した時に食べた昼食がチャーミングチャーハンで、せっかくのネタ写真を撮り損ねガッカリしていたのですが…
 
チャーミーの由来はベトナム語で「花の名前」
考えれば台風がチャーミングなのは困りますね。
e0126541_15092742.jpg


[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-10-06 15:02 | Comments(0)

創作の秋

e0126541_13332281.jpg

晴れた日は汗ばむ陽気ですが過ごしやすい季節になってきた京都です

e0126541_13335984.jpg

写真は弊社取り扱い、二重枡の手水鉢

本歌は京都桂離宮 御成門内腰掛待合の脇に据えられた手水鉢で、枡形の鉢に水孔を対角に同上の枡型を打ったものです

枡に枡が重なり二重枡、更に枡枡と益々を掛ける事で縁起のいい手水鉢とも云われています。

今作はこの形をモチーフにして創作の秋らしく、灯篭の基礎であった長方形の石造品を用いて製作してみました!
e0126541_13384049.jpg


e0126541_13385432.jpg

長方形の中に、ひし形(向かい合った二つの辺が平行で、すべての辺の長さが等しい四角形)を墨うつのは容易でした
e0126541_13394410.jpg

枡(ます)は体積を計量するための測定器ですが
 主として尺貫法の単位である「合」「升」「斗」を量るために利用されます

そして 「枡」は祝枡など日本酒を飲むための「酒枡」や節分用の豆を入れるための「節分枡」など計量を目的としない四角形の容器を指すこともあります。


e0126541_13413605.jpg


e0126541_13420660.jpg


[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-09-27 13:32 | Comments(0)

皿鉢

e0126541_20403789.jpg

このところ、ぐずついた天気の続く京都ですが
真夏日の気温に比べれば過ごしやすくなり、創作意欲も湧くものです!

と言うわけで…
e0126541_20423361.jpg

何か盛り付けしたくなるような水盤を製作してみました(幅三尺五寸)
e0126541_20440730.jpg


今回モチーフにしたのは自宅で使っているお気に入りのお皿です!
e0126541_20431560.jpg

エッジの効いた端と器の反り具合、椀になる部分を削るイメージで出来るだけ線を出さないように仕上げました

e0126541_20445532.jpg




[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-09-17 20:39 | Comments(0)

小豆色の手水鉢

しとしと雨の降り続く京都
e0126541_09591042.jpg

大きな水盤にも雨水が溢れんばかりに溜まります

e0126541_09592469.jpg

写真は前回の投稿同様、以前に製作した見立てもんの手水鉢です

これは安山岩製の珍しい層塔の一部で
綺麗な小豆色の側面に、きりさびが付いてなんとも良い雰囲気です。

[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-09-10 09:58 | Comments(0)

台風21号

e0126541_09301092.jpg

先日の台風による影響で資材置場の高木が倒れてしまい
事務所から望む衣笠山の景色も変わってしまった都乾園界隈です

e0126541_09304649.jpg

写真の手水鉢は以前に製作した層塔の笠を用いた見立てもんですが
さびて良い雰囲気になってきました

[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-09-07 09:29 | Comments(0)