本御影手水鉢

連日の猛暑で作業は難航しますが

ひとつ仕上げることが出来ました
e0126541_09330826.jpg

表面の肌の状態を見ると、そこそこ古い物であることが分かりますが
e0126541_09332871.jpg

内部はそれこそ本御影石で淡い桜色がとても美しく見えます

e0126541_09335704.jpg

↑上 写真は弊社資材置場
残された貴重な本御影石の原石から造られた舟着灯篭写し(京都市城南宮、楽水苑)


[PR]

by tokan-en-bando | 2018-08-03 09:32 | Comments(0)

<< 本御影手水鉢 其の弐 本御影石 >>