雨仕事

6月も終わりですが、今週はようやく梅雨らしくなってきた京都市内...
e0126541_20085753.jpg

雨仕事にはもってこいとばかりに連続で創作モンをこしらえてました

以前に入荷していた古材の中で、目を見張るほど美しく仕上げられ程好く風化した灯篭の基礎が残されていたので迷わず手水鉢を製作することになる訳ですが...
e0126541_20090024.jpg

石は三州御影(愛知県岡崎市)で状態も良好、そんな材に今回創作してみたのは礎石の中でも希に型どられた形(塔心礎)を縮小して見立てました!
e0126541_20090480.jpg

参考にしたのは聖徳太子生誕の地と伝えられる橘寺(奈良県明日香村)の境内に残る五重塔跡の心礎ですが実物は径三尺にも及びます。
e0126541_20090525.jpg

しん‐そ【心礎】
塔の心柱(しんばしら)の礎石。
すなわち礎石の中でも建造物の中心にあたる柱を受ける希少であり個性的な存在になるという事でしょう
[PR]

by tokan-en-bando | 2017-06-30 20:00 | Comments(0)

<< 熱闘都乾園 カチンコチン >>