露結耳

きっと明日は雨が降る...

連日予報にすっぽかされている竜安寺界隈ですが、蒸し暑さに目下づ資材置場の整理をしていると程好くさびた露結の手水鉢が出現しました
e0126541_14514376.jpg


孤篷庵露結形(京都市大徳寺)
e0126541_14514862.jpg

「露結形」は小堀遠州好みの書院式茶席「忘筌」のまえに据えられてますが、これには遠州の深い意図があります。
「荘子」の「得魚而忘筌、得兎而忘蹄」の一句を生かしてある代物で、「忘筌」の魚の対句になっている兎を手水鉢の銘にしたものです。
即ち「露結」とは兎を意味する「露結耳」からとっていると考えられます。
兎は体に汗腺がなく、大きな耳で汗を発散させるので、「露結耳」が異名となったのでしょう。
文字も遠州の直筆であるようです。

『荘子』外物篇より 

筌者所以在魚 得魚而忘筌   筌(せん)は魚を在(い)るる所以(ゆえん)なり。魚を得て筌を忘る。 
蹄者所以在兎 得兎而忘蹄   蹄(てい)は兎を在(い)るる所以(ゆえん)なり。兎を得て蹄を忘る。 
言者所以在意 得意而忘言   言は意に在(い)るる所以(ゆえん)なり。意を得て言を忘る。 
吾安得夫忘言之人而與之言哉。 吾安(いず)くにか、夫(か)の言を忘るるの人を得て、之を言わんや。
e0126541_14515212.jpg

<訳> 
魚を捕まえてしまえば(魚を獲る)筌(編籠の罠)のことは忘れてしまうものである。
兎を捕らえてしまえば蹄(罠)のことを忘れてしまうものである。
言葉も意味を捉えるための道具である。意味を捉えた後の言葉は忘れてしまうものである。
私はそのように言葉を忘れることの出来る相手を探してともに語りたいものだ。

実に深い意図であります...
e0126541_14515767.jpg

<マメ知識>
うさぎには汗を出す汗腺がないため、体臭がきつくなることはありません。ただ、軟便気味だったり、フンがお尻にくっついたままだったりすると匂うことがあります。また、散歩などに出かける場合は足元や腹部が汚れることが多くなります。

フケがでていたり、皮膚病を起こしている場合もお風呂は効果的です。病気によっては悪化することもあるので、獣医さんに許可を捕ってからお風呂に入れるようにした方が良いそうです。

私はウサギを飼ったこともありませんが...
[PR]

by tokan-en-bando | 2016-09-16 14:37 | Comments(0)

<< The 京都 夏休み >>