<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏至の風

事務所前のハンゲショウが今年も見ごろを迎えています
e0126541_16400356.jpg

鮮やかな白に見とれて暑さも和らぎ、製作中の手水鉢(江州石)も仕上がるってなもんです...
もとは緑の葉がお洒落するので半夏生より半化粧と例える方が、どちらかと言えば好みです
e0126541_16422387.jpg
e0126541_16425328.jpg

[PR]

by tokan-en-bando | 2015-06-25 16:39 | Comments(0)

続.白川石

e0126541_16194036.jpg

小さな原石ですが、見事に割出された痕跡が三方に残されており
月日の経過と共に良い感じの風合いを魅せていたので製作しました
非常に堅い白川です
e0126541_1620217.jpg

e0126541_16204093.jpg

[PR]

by tokan-en-bando | 2015-06-18 16:17 | Comments(0)

白川石の手水鉢

京都が誇る銘石の白川石
e0126541_1020484.jpg

e0126541_10201933.jpg

京都の歴史的建造物に用いられた御影石の大半がこれで,石灯籠,手水鉢など数多くの細工物にも広く使用されましたが,石切場は昭和初年に閉山されました。
例え小さな原石でも見逃す訳にはいきません...
e0126541_1021214.jpg

e0126541_10211349.jpg

[PR]

by tokan-en-bando | 2015-06-17 10:17 | Comments(0)

再び江州

e0126541_943664.jpg


e0126541_9494314.jpg


この石造品の基礎は前回同様の江州石です

表面の風化している具合が古い物だと感じさせてくれます。

手水の穴を彫り込んで驚いたのは、意外に固く粘りがある事でした

e0126541_949105.jpg


e0126541_9595490.jpg

[PR]

by tokan-en-bando | 2015-06-16 09:00 | Comments(0)

江州石の手水鉢

蔵の解体に伴って入荷した古材の中に小さな段のある江州石が一石だけ交ざっていました
e0126541_1764061.jpg

e0126541_1765997.jpg

迷わず手水の穴を彫りましたが、そこそこ固い良質の石材でした
e0126541_1753817.jpg

e0126541_1755113.jpg

穴の大きさは七寸
深さは四寸あります
[PR]

by tokan-en-bando | 2015-06-04 17:03 | Comments(0)