戊戌来福

新年明けましておめでとうございます
e0126541_18110224.jpg

今年もteam都乾園の一員として
全ての御縁に感謝の気持ちを大切にする1年にしてまいる所存です

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます

平成30年 元旦
[PR]

# by tokan-en-bando | 2018-01-01 18:09 | Comments(0)

橋桁手水鉢

今年は京都の底冷えを早くも味わっているような気がしますが1.3kgの石筒を振って身体を暖めています!

以前に製作した手水鉢は資材置場に据えて早くも馴染みを見せてくれています
e0126541_15460379.jpg

そして年内にと、取りかかっていた新作の橋桁手水鉢が仕上がりました
e0126541_15460610.jpg

龍安寺(りょうあんじ)の手水鉢と言えば茶室前にある※知足の蹲踞(つくばい)と呼ばれている物を思い浮かべますが、石庭に向かう鏡容池の道すがら殆んどは知らずに通りすぎる場所に旧五条大橋の橋桁を手水鉢にした良い雰囲気を出している見立てモンの鉢が据えられています。
e0126541_15461001.jpg

今回制作した手水鉢はこれを模作し、良質な国産(瀬戸内)の御影石を使って仕上げました。

e0126541_15461333.jpg


e0126541_15462347.jpg


e0126541_15462686.jpg

偶然にも手掛けている最中、先日の新聞で注目の記事を見掛けましたが、旧五条大橋は1645年に架け替えたとあります
e0126541_15461541.jpg

今年も残すところあと僅か
大きな怪我も無く新年に向け身も心も準備したいと思います
どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます
良いお年をお迎えくださいませ。

年内は29日午前中までの営業となります
kyoto@tokanen.com
e0126541_15461993.jpg


※知足とは「足を知る」という意味で、人間の欲を戒める言葉として禅宗のお寺などでよく引用される言葉です。龍安寺のつくばいにはこの知足という言葉が刻まれており(正確には「吾唯足知」という文字)、このつくばいを見たいが為にわざわざ訪れる参拝客もいるほど有名なつくばいです。

茶室前に置かれているつくばいは模造品で本物を一般参拝客が見ることはできません


[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-12-27 15:36 | Comments(0)

平安仕上

師走に入り一気に冷え込んできた京都ですが

北山都乾園の資材置場は来る年の備えをして注目アイテムをあたためています
e0126541_15592777.jpg

原石に入っていたキズなどにより損傷してしまった板石や葛石の利用法として、全ての表面の粗い部分や角を滑らかにする加工を施して古材に見立てた【平安仕上】と称する材料がありますが、古材の代用としても使えるものだと思います
e0126541_15593063.jpg


e0126541_15593226.jpg

[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-12-11 15:56 | Comments(0)

入荷情報

朝晩は冷え込む季節になってきましたが

おでんに合うのが辛子なら
さざれ石には苔が似合う
e0126541_17254166.jpg

100kg程度の物から3トン級までチャート系の山石が絶賛入荷しております!!
e0126541_17260004.jpg


[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-11-09 17:24 | Comments(0)

水もしたたる…

雨の京都です
e0126541_14013027.jpg

先日までに資材置場の目立ちそうなスペースに製作した手水鉢や水盤を据えていたので

濡れて見栄えの良くなっているところを撮ってみました

   鳥海石
e0126541_14013389.jpg


e0126541_14013540.jpg


  丹波石
e0126541_14013840.jpg


例えて、水もしたたるいい女

[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-10-07 13:18 | Comments(0)