創作舟鉢

先日、夏の終わりにお洒落で居心地の良いレストランのイベントで流しそうめんをよばれました
e0126541_21013364.jpg

流れるプールの様にグルグル回っている「そうめん流し」と同じく発祥は九州地方で馴染みは薄く、この歳になって初体験でしたが予想を上回る楽しさの薬味が加わって美味しく日本の夏を満喫出来ました

そして割り出された手作りの竹組と水の流れを見て、近頃取り掛かっていた水盤の創作意欲まで駆り立てられる刺激を得ることに…

そんなこんなで丹波鞍馬石(京都府)を用いて手間暇掛けた作品がこちら

before
e0126541_21052964.jpg


e0126541_21053116.jpg


e0126541_21053474.jpg

after
e0126541_21053601.jpg


e0126541_21053905.jpg


e0126541_21054243.jpg

[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-09-05 20:52 | Comments(0)

硯の手水鉢

連日続く暑さで日中は汗をしこたまかくので夜は家でひっくり返っていることが多いのですが...

たまに趣味の繋がりでライブハウスなどへ出向いて刺激を受け、仕事へも活かせるように連想することを養んだりもしています。
e0126541_16474946.jpg

写真は最近お気に入りのユニット「月いろかげ」

ちょうど現在とりかかっているのが何かを発想するにはもってこいの代物で、石碑の基礎石として使われていた白川石(京都市左京区)を再利用するべく大ぶりな手水鉢へと変化させて製作していました。
e0126541_16475323.jpg

高さ五尺ほどの石碑を抜き出すと左右斜めに高低差のある長方形の堀り込みで埋め込まれていたので、その跡を利用し大小ふたつの四角い形に段差を設けて硯(すずり)を連想する作りにしました。
e0126541_16475770.jpg

風化に伴って朽ちた部分は、さびれば馴染んで良い雰囲気に変わることを期待せずにはいられません。
e0126541_16480107.jpg

[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-08-05 16:31 | Comments(0)

模作してみる

連日の猛暑日の中、我が息子で長男の通う学校が高校野球京都大会で熱戦を繰り広げています
e0126541_19064344.jpg

本人は一年生でスタンドからの応援ですが良い経験になることでしょう...

私も暑さに負けじと資材置場に眠るさびた謎の石材で礎石を模作して経験を積み重ねています!
e0126541_19064732.jpg

原石の外側は風化と共に茶を帯び、軟らかそうに見え細工しやすいだろうと予想していたのですが...
e0126541_19065030.jpg

内部は黒グレー系のとても固い砂岩のような塊でした。
ちょいとさびれば洒落た庭石として雰囲気が出せると思います
e0126541_19065283.jpg

参考にしたのは世尊寺(奈良県吉野郡) 旧、比蘇寺の東塔跡に残る礎石の中のひとつ。
e0126541_19065424.jpg

世尊寺(せそんじ)は曹洞宗の寺院で、古くは比蘇寺(ひそでら)と呼ばれ1927年(昭和2年)に「比曽寺跡」として、国の史跡に指定されています

当時の比蘇寺には東塔と西塔があり、そのうち東塔の三重の塔は、1594年(文禄3年)豊臣秀吉によって伏見城に移され、さらに1601年(慶長6年)に徳川家康によって近江の園城寺(三井寺)に移建され、現在も残っていますが、西塔は戦乱により焼失したとあります。


[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-07-24 18:58 | Comments(0)

熱闘都乾園

e0126541_16532169.jpg

コンチキチン♪祇園囃子が響き出せば京の町はお祭りムード一色になっていますが...

北山都乾園でもコチコチと石筒がノミに当たる音色で夏本番を迎えています
e0126541_16532502.jpg

今回着手したのは京都では苔の似合う庭石として用いられることが多く、都乾園でも古くから取り扱っている山石のひとつで鳥海石。
e0126541_16532970.jpg

山形県と秋田県の両県に跨る標高2236mの出羽富士・秀峰『鳥海山(ちょうかいさん)』なる山です。その鳥海山より採石されるこの山石は安山岩で黒みを帯び、落ち着いた風合いに肌は柔らかく時間が経てば苔むす姿を見せてくれる素材です。
e0126541_16533378.jpg

資材置場の中から、そのままでは使いにくそうな形をした物が眠っていたので手水鉢にしてしまいました!
e0126541_16533930.jpg

内部は非常に硬質な安山岩で仕上げに手こずりましたが、良い雰囲気が出せる材料へと変貌させることが出来ました。
e0126541_16534257.jpg


e0126541_16534764.jpg

[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-07-15 16:40 | Comments(0)

雨仕事

6月も終わりですが、今週はようやく梅雨らしくなってきた京都市内...
e0126541_20085753.jpg

雨仕事にはもってこいとばかりに連続で創作モンをこしらえてました

以前に入荷していた古材の中で、目を見張るほど美しく仕上げられ程好く風化した灯篭の基礎が残されていたので迷わず手水鉢を製作することになる訳ですが...
e0126541_20090024.jpg

石は三州御影(愛知県岡崎市)で状態も良好、そんな材に今回創作してみたのは礎石の中でも希に型どられた形(塔心礎)を縮小して見立てました!
e0126541_20090480.jpg

参考にしたのは聖徳太子生誕の地と伝えられる橘寺(奈良県明日香村)の境内に残る五重塔跡の心礎ですが実物は径三尺にも及びます。
e0126541_20090525.jpg

しん‐そ【心礎】
塔の心柱(しんばしら)の礎石。
すなわち礎石の中でも建造物の中心にあたる柱を受ける希少であり個性的な存在になるという事でしょう
[PR]

# by tokan-en-bando | 2017-06-30 20:00 | Comments(0)